クレンジングゲルとクリームクレンジングの比較

subpage01

メイクを落とす時にクレンジング剤は必須です。


薄い化粧なら洗浄力の強い洗顔フォームで落とせますが、完璧に厚いメイクだと洗顔料だけでは落ちません。

塗料やジメチコン(シリコン)やタルク(滑石)は簡単には落ちないのが問題点ですから、注意すべきです。

クレンジングゲルの比較のいろいろな情報を集めました。

クレンジングゲルは比較的に湿潤効果や刺激を可能な限り抑えた化粧品ですから、洗浄力は他の物と劣る可能性はあります。しかし、メイク落としには変わりがないですから、使うことで、メイクをある程度は落とせるのはポイントです。

クレンジングクリームが出回っていますが、それは乳化剤や化学物質をたくさん使用しています。
保湿効果に優れていて、乾燥肌の人には適すと謡われていますが、実際は刺激が強めでメイクを落とす力は強いです。クレンジングゲルと比較すると乳化剤の配合量が目立ち、皮脂を取り去る力もあります。



しかし、保湿作用は余り期待できないですから、人によってはクレンジングゲルを使うべきです。
クリームと言っても潤い成分が多いとは限りません。


クリーム状にしてあるクレンジング剤と言った方が適切だと判断できますが、水と油(メドウフォーム油やヤシ油など)と合成界面活性剤を混ぜ合わせている様子が目立ちます。しかし、クレンジングゲルだとヒューメクタント(水溶性保湿成分)の添加が多いですから、クリームクレンジングと比較すると使いやすいです。

刺激や肌への負担を考えるなら、ゲルの方が良いと言えます。